/

この記事は会員限定です

米国産トウモロコシ、中国の大口調達継続も

養豚場大規模化で需要増

[有料会員限定]

中国のトウモロコシ輸入見通しが一段と上方修正される可能性が浮上してきた。3月中旬に激しい応酬を繰り広げた米中外交トップ会談の裏で、米農務省は米国産トウモロコシについて4日連続で中国向け大口成約があったと発表した。バイデン新政権下で人権問題などで対立が深刻になる中でも、中国の大口調達は続くとの見方が市況を支えている。

3月中旬の米アラスカ州で開いた米中の外交トップ会談。バイデン政権発足後初めての会談...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン