/

この記事は会員限定です

「刻(とき)を描く 田渕俊夫」展

18日から徳川美術館で

[有料会員限定]

日本絵画に伝統的な装飾性と精神性を高いレベルで両立させている画家、田渕俊夫の芸術活動を、新作を含む画家自薦による作品で紹介します。

◇会期 4月18日(日)~5月30日(日)午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)。月曜日休館(5月3日は開館、6日は休館)

◇会場 徳川美術館(名古屋市東区徳川町)

◇主な作品 「旅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン