/

この記事は会員限定です

瀬戸物生んだ太古の湖 粘土豊富「焼き物の国」脈々

[有料会員限定]

愛知は古くから焼き物が盛んな土地で、伝統の「日本六古窯」にも瀬戸焼と常滑焼が名を連ねる。なぜ、それほど窯業が根づいたのか。歴史をたどると、太古の巨大な湖である「東海湖」が果たした不可欠な役割が見えてきた。

焼き物を作る道具の廃材を敷き詰めた幾何学的な石垣。その先に、斜面へ沿って長さ14メートルに及ぶ巨大な窯が姿を現す。江戸時代に創業した窯元「瀬戸本業窯」だ。ベテランの陶工が瀬戸特有の伸びやすく白い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン