/

この記事は会員限定です

鹿島港の優位性磨く 神栖市長 石田進氏

[有料会員限定]

――高炉休止と聞いたときどのように感じましたか。

「1月に高炉再開のニュースがあり、日鉄も順調というイメージだったので正直驚いた。日鉄の記者会見のあとは、日本の鉄鋼がどういう形で転換していくか大きな転換点が来たと実感した」

――高炉休止でどのような影響があるでしょう。

「(帝国データバンクの調査で)市内に180社ほどとされる下請けや孫請けの会社で、大なり小なり多くの影響が出る。日鉄本体の従業員が約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン