/

この記事は会員限定です

倉敷市、市庁舎などの再編基本構想

[有料会員限定]

倉敷市は13日、市庁舎や周辺の公共施設の再編基本構想をとりまとめたと発表した。防災・災害対応の拠点となる「防災危機管理センター棟」や、中央図書館などが入り市民活動の拠点となる「複合施設棟」を新たに整備。1980年に建築された市役所本庁舎は電気の配線の改修などを進めて長寿命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン