/

この記事は会員限定です

「東北絆テーブル」法人化 販路・発信力、連携し強化

参画企業とも相乗効果、10年の成果で復興の先へ

[有料会員限定]

東日本大震災直後の2011年から、キリングループを中心に複数の企業が参加して農水産業の復興を後押してきたプロジェクトが4月、一般社団法人「東北絆テーブル」(仙台市)として法人化した。震災10年を機に事業化や発信力を強化する。停滞気味だった活動を、成長路線へと転換する。

「復興という文脈だけでは地域は発展しない」。東北絆テーブルの代表理事に就いた電子商取引(EC)事業などを手掛けるマイティー千葉重(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン