/

この記事は会員限定です

国際戦 1年半ぶりに

[有料会員限定]

「密」を生みやすい団体球技はコロナ禍での活動再開に時間がかかり、春から秋がシーズンのバレーボール代表も大きな影響を受けてきた。男女両チームは昨春、他球技に先駆けて合宿を敢行したものの、国際大会は全て中止に。海外勢との試合は2019年秋のワールドカップ(W杯)が最後で、5月1~2日に五輪会場の有明アリーナで予定される中国戦が約1年半ぶりの実戦となる。

長い空白が生まれても男子の中垣内祐一監督が目指す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン