/

この記事は会員限定です

配当所得の税金 確定申告で課税方式を選択

新宿総合会計事務所 税理士 杉江延雄さん

[有料会員限定]

上場株式を保有しており、配当金による所得があります。所得税と住民税で申告方法を分けると節税できる場合があると聞きました。どういった仕組みですか。

配当所得にかかる所得税と住民税の課税方式には、総合課税と申告分離課税、申告をしない申告不要制度という3つの方法があります。

配当所得に関する源泉徴収の税率は所得税(復興特別所得税を除く、以下同)が15%、住民税が5%です。源泉徴収を行う特定口座で株式を保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン