/

この記事は会員限定です

金融政策点検の論点(上) 緩和継続の約束、一段と重く

宮尾龍蔵・神戸大学教授

[有料会員限定]

日銀の金融政策運営はさらなる持久戦を余儀なくされることが明白になってきた。2%の物価上昇を政策目標として掲げるが、新型コロナウイルスの影響で実現は一層遠のいている。金融緩和の一段の長期化が予想されるなか、3月に日銀は政策運営に関する点検を実施し、政策を修正した。

現在の金融政策の枠組みは「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」と呼ばれる。その枠組みを維持しつつ、長期金利の変動幅を若干広げる、上場投資信託...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2700文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン