/

この記事は会員限定です

インテル、車向け半導体の増産支援

自社ライン開放

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米半導体大手のインテルは12日、世界的に不足している自動車向けの半導体を増産するため、自社の生産設備を活用する方針を明らかにした。パット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)がロイター通信のインタビューに答えた。6~9カ月以内の生産をめざして半導体設計会社と協議しているという。

ゲルシンガー氏は「(半導体不足による)自動車生産への影響を解消するため、生産ラインを開放する」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン