/

この記事は会員限定です

レアアース、過半出資容認

政府、独法にEV向け確保促す

[有料会員限定]

政府は電気自動車(EV)に不可欠なレアアース(希土類)などの供給が途絶えるリスクを減らすため、資源開発への資金支援を拡充する。年内をめどに、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が鉱山の探査・開発に過半を出資できるようにする。民間企業の負担を減らし、脱炭素を支える重要資源の確保を急ぐ。

レアアースは中国が2010年に日本への輸出を事実上、止めたことがある。こうした事態が起きると日本の脱炭素...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン