/

この記事は会員限定です

松山選手マスターズV 被災地との絆、今も

「希望」「励み」喜びの声

[有料会員限定]

日本時間12日朝まで米国で行われたゴルフのマスターズ・トーナメントで、松山英樹選手(29)が日本人男子初のメジャー制覇を果たした。第一人者が念願の大会に初めて挑んだのは、東日本大震災発生直後の2011年4月のことだった。

スポーツ面参照

震災当時、東北福祉大(仙台市)に在籍し、マスターズへの挑戦を迷う松山選手の元に激励の手紙やファクスが届いた。大学で指導したゴルフ部の阿部靖彦監督は、仙台との関係...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン