/

この記事は会員限定です

三井物産、小児科向け遠隔診療参入

新興に48.5%出資

[有料会員限定]

三井物産はオンライン診療を手掛けるノーススター(東京・中央)に48.5%をこのほど出資し、国内で小児科向け遠隔診療サービス事業に参入した。月内にもタクシー会社の国際自動車(東京・港)と提携し、救急病院までの配車も行う。将来の成長分野として遠隔医療事業を拡大する。

ノーススターは、医療機関が休業時の夜間や休日にオンラインで健康相談や診療を行う小児医療アプリ「キッズドクター」サービスを手掛ける。ビデオ通話で診...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン