/

この記事は会員限定です

生産集中、半導体・衣料も

[有料会員限定]

医薬品に限らず、世界的に供給網が特定の国や地域に集中する状況が、新たなリスクの種として顕在化してきた。「水平分業モデル」が進んだ半導体をはじめ、素材や衣料品などでも供給の目詰まりを機に、企業は供給網の再構築を図っている。

薄型テレビやパソコンなどを手掛ける電機各社は2000年代、いち早く水平分業へとシフトした。製造を単価の低い海外他社に委ね、生き残りを図ろうとした。

半導体では米クアルコム、米エヌ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン