/

この記事は会員限定です

適用がん 拡大カギ

光免疫療法、楽天と連携

[有料会員限定]

関西医科大学が2022年に新設するがんの「光免疫療法」の研究所では、適用できるがんの種類拡大や既存の治療法との併用が大きなテーマになる。事業化を実現した楽天グループとも連携し、「オプジーボ」に代表される免疫薬などと組み合わせて治療効果をあげる考えだ。1面参照)

光免疫療法はがん治療の中では新顔で、保険医療で使えるのはまだ日本だけだ。治療薬の価格は患者の体の大きさにより異なるが、平均すると1回投与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン