/

この記事は会員限定です

消えぬドル安シナリオ

世界の外貨準備高 シェア6割切る

[有料会員限定]

外国為替市場でドル安圧力がくすぶっている。米金利上昇が一服するなかでも1ドル=110円近辺で推移し、投資家の円売り・ドル買い需要は根強い。だが、世界の外貨準備高でドルのシェアが最低になるなど、中長期では需給構造に変化の兆しも出てきた。新型コロナウイルス禍で浮上した昨年来のドル安シナリオはまだ消えていない。

市場では円安・ドル高の持続力に注目が集まっている。国際決済銀行(BIS)によると、世界60カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン