/

この記事は会員限定です

米、アジア系ヘイト犯罪多発 覆面捜査など対策強化

[有料会員限定]

【ニューヨーク=山内菜穂子】アジア系住民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)が後を絶たない米国で、ボランティアによる外出時のエスコートサービスや警察による「覆面捜査」が活発になっている。

「私たちが外出に付き添いますよ。いつでも連絡してください」。東部ニューヨーク市のチャイナタウンでは、アジア系の高齢者に若者が中国語で声をかけている。外出に同行するボランティア団体「セーフ・ウオークス・NYC」のメンバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン