/

この記事は会員限定です

タイ、循環型経済へ外資誘致

農業・素材産業に付加価値

[有料会員限定]

タイ政府が国家戦略として、資源を効率的に活用する「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」の構築を目指している。主要産業である農業や素材型産業の付加価値を高め、環境保護と経済成長を両立する狙いだ。投資優遇策を設け、バイオ分野などで先端技術を持つ外資企業の誘致に取り組んでいる。

政府は1月、「BCG(バイオ・循環型・グリーン)モデル」と名付けて、5カ年計画で関連産業を振興する方針を決めた。重点産業とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン