/

この記事は会員限定です

地域ブランド認知への道 既知を端緒に連想誘う

[有料会員限定]

地域おこしの一環として、全国各地で「○○セレクション」といった名称で地域ブランド作りが流行した。しかし、「神戸セレクション」や「横浜001」といった勝ち組ばかりでない。地域ブランドには成功例と、伸び悩みが見られる事例が混在している。

ブランド現象が社会的注目を集めた背景に1980年代の米国におけるM&A(合併・買収)の隆盛があるとされる。売買対象の企業の資産としてのブランドの評価が注目を浴びた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン