/

この記事は会員限定です

国際医療福祉大 介護予防、市民らと連動

安全・手軽な体操考案/指導役の養成講座も

[有料会員限定]

国際医療福祉大学(栃木県大田原市)の理学療法学科と市が連携して介護予防の取り組みを進めている。機器を使わない独自の運動を中心に、座ってできる体操も追加し、高齢者らに指導するボランティア育成の仕組みを確立して着実に普及している。

2021年度は認知症予防を目指して「コグニサイズ」も導入する。活動は2006年度に本格的に始め、大学は教員が引き継ぎながら関わっている。

このほど公益財団法人の運動器の健康...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン