/

この記事は会員限定です

「神奈川へ移住」高まる機運

自治体、若者受け入れ策拡充 セミナー紹介や相談会

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で神奈川県内の自治体が近距離移住やワーケーションの受け入れに力を入れている。各自治体は若年層の流入に期待し、相談や支援の体制を相次ぎ拡充する。各地の誘致が熱を帯びるなか、コロナの収束後も安定して人を呼び込めるか、移住後を含めた支援体制が問われる段階に入ってきた。

「逗子移住」のキーワードが注目された同県逗子市は2021年3月にオンラインの移住セミナーなどを開催。同市と戸田建設が20年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン