/

この記事は会員限定です

本物の外交官 林佳世子

[有料会員限定]

私がオスマン史を勉強していた学生時代、中東を研究する学生は各大学2、3人程度だった。中国以外の東洋史を研究する学生らで集う「アジア文化研究会」で、今は在アゼルバイジャン日本国大使館の参事官として働く山中啓介さんと知り合った。30年にわたり日本やトルコで会う関係が続いている。

暇さえあればトルコの現代小説を読む人で、小説を通じトルコ社会をよく理解していた。彼が読んだ小説の場面をともに訪ね歩いたことも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン