/

この記事は会員限定です

「中所得国の罠」脱却めざす

タイ首相 プラユット・チャンオーチャー氏

[有料会員限定]

2019年にタイで8年ぶりに実施された下院総選挙を経て、正式に首相の座に就いた。先進国入りを前に経済成長が鈍る「中所得国の罠(わな)」からの脱却を目指し、産業高度化を経済政策の柱に据える。

暫定首相だった16年に国家戦略「タイランド4.0」を打ち出した。外国企業の誘致を通じてデジタル技術を導入し、20年以内の先進国入りを目標に掲げた。タイは賃金上昇で競争力の低下が指摘されており、生産性向上が不可欠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン