/

この記事は会員限定です

地価動向にコロナの影響

オフィス市場が焦点に

[有料会員限定]

2021年1月1日時点の公示地価が公表され、コロナ禍の影響が全国の地価に及んでいることが浮き彫りになりました。今後はテレワークの浸透と、それに伴うオフィス市場の動向が焦点になりそうです。

最も影響を受けたのは商業地です。中でも大阪は、ホテルや飲食店からドラッグストアなどの小売店まで、インバウンド(訪日外国人)依存度が高かったことから、下落率が2割を超す地点が相次ぎました。

こうした地域はインバウン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン