/

この記事は会員限定です

塩鮭の頭 焼きと粗汁 3日楽しむ

小泉武夫

[有料会員限定]

憧れていた昔のままの塩引き鮭(じゃけ)を1本手に入れた。頭から尾っぽの先まで丸々一尾で、それもかなり大型である。今は塩鮭一尾を注文しても「姿切り身一尾」という形で、丁寧に切り身にしてくれて、それに頭が付いて送られてくるようになった。確かに今日の家庭では、丸々一尾送られてきたのでは下ろす手間がかかり、大変なので助かるだろうが、この我が輩はどうしても自分の手で三枚に下ろしたいため、姿のままのものが欲し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン