/

この記事は会員限定です

米、台湾と交流拡大へ新指針

政府建物内の会合容認

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】米国務省は9日、正式な国交関係を持たない台湾との政府間交流の拡大に向け、新たな指針をまとめたと発表した。プライス報道官は声明で「米台の非公式な関係の深化を反映したものだ」と説明し、米台接触を促進すると強調した。中国の反発は避けられない。

国務省によると、新指針ではこれまで自粛していた連邦政府の建物における米台の実務者レベルによる定期会合の開催を積極的に認める。米国にあり、台湾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン