/

この記事は会員限定です

参天製薬、純利益68%減

前期下方修正 医療機器承認遅れで

[有料会員限定]

参天製薬は9日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比68%減の70億円になったと発表した。従来予想は230億円。緑内障の手術用機器の米国での承認に遅れが出る見込みになったことから405億円の減損損失を計上する。開発する米国子会社ののれんと開発製造販売権の資産価値を見直した。

緑内障の手術用機器は20年6月に米国食品医薬品局(FDA)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン