/

この記事は会員限定です

ANAビジネスジェット、累損解消前倒し

富裕層需要で今年度に

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)は9日、ビジネスジェットの手配事業について当初計画比から1年前倒しで累損解消を見込むと明らかにした。新型コロナウイルスの影響で定期便の需要が厳しい中で、富裕層の国内旅行や効率的に海外出張したい企業幹部などの需要が下支えする。

9日の事業説明会でANAビジネスジェット(東京・港)の片桐純社長が方針を示した。ANAビジネスジェットはANAHDが51%、双日が49%を出資。2018年7月の設立時に2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン