/

この記事は会員限定です

中国車生産、下振れ予測

7~9月「半導体不足が影響」

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国汽車工業協会は9日、半導体不足が自動車生産に与える悪影響が拡大する見通しを明らかにした。従来は半導体不足の影響が4~6月に終息すると予測していたが、7~9月まで続くとの見方を示した。世界最大の自動車マーケットである中国市場の回復を下押しする恐れも出てきた。

同協会の幹部は9日の電話会見で「政府の施策で消費市場は回復しているが、半導体の供給不足が企業の生産テンポに影響を与えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン