/

この記事は会員限定です

東南アの廃プラ、資源に

アルフォンソ・ガルシア・モラ氏/国際金融公社アジア太平洋担当副総裁 ビクトリア・クワクワ氏/世界銀行東アジア太平洋地域副

[有料会員限定]

レジ袋から水のボトル、サンドイッチのラップまで、いわゆるプラスチック類は日常生活に深く浸透する。だが便利さを求めるあまり、プラスチックの過剰消費とプラスチック廃棄物の管理不備はごみの埋め立て処分場の容量超過や河川の汚染を引き起こし、海洋生態系の脅威になっている。観光や海運、漁業などの産業にも悪影響を及ぼす。

(海へのプラスチックごみの排出が多いとされる)東南アジアの汚染が深刻化しているのは、急速な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン