/

この記事は会員限定です

街の新陳代謝へ健全な投資必要

[有料会員限定]

日本では長らく、不動産売買は投資より実需が中心で、流動性が低い状態が続いていた。首都圏では2000年代以降、短期売買を得意とする海外勢の参入が相次ぎ、市場の流動性が高まった。現在の福岡の不動産市場について、JLLの河西社長は「不動産投資信託(REIT)などが分散投資先として選ぶようになっている。2000年代の首都圏と似た状況だ」と指摘する。

海外投資家やREITの資金がもたらす恩恵は大きい。地元資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン