/

この記事は会員限定です

秋田洋上風力発電の設置拠点 埠頭の一部を賃貸借

[有料会員限定]

国土交通省東北地方整備局と秋田県は9日、秋田洋上風力発電(秋田市)が秋田港で計画する洋上風力発電設備の設置拠点として埠頭の一部を賃貸借する契約を同社と結んだ。期間は2046年12月1日までで、岸壁や資材などの保管用地を合わせた約6.4ヘクタールが対象。国内の洋上風力発電設備で初めてとなる本格的な商用運転に向け動き出す。

秋田洋上風力発電は丸紅大林組関西電力、地元の秋田銀行など13社が出資し、16年4月に設立した特別目的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン