/

この記事は会員限定です

最強エネルギーの天体か

東大など、ガンマ線を観測

[有料会員限定]

東京大学など日中の国際研究チームは、最強のエネルギーを持つ宇宙線を生み出すとされる天体「ペバトロン」が天の川銀河に存在する証拠を発見した。天の川に沿って強いガンマ線を検出した。60年にわたって論争が続いてきた宇宙科学の謎に決着がついたという。

宇宙線は時に、エネルギーが1ペタ(ペタは1000兆)電子ボルトを超える。長年の観測や理論から、数ペタ電子ボルトの宇宙線は銀河系内のペバトロンによる加速が必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン