/

この記事は会員限定です

アメリカを動かす宗教ナショナリズム 松本佐保著

旧教から考える米大統領選

[有料会員限定]

トランプ前米大統領が再選に失敗した理由については「新型コロナウイルスの流行を抑え込めなかったことで国民が失望した」「人種差別的な言動への反発がブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)運動などを生み、有色人種が反トランプで結束した」などさまざまな要因が指摘された。本書は宗教票がどう動いたのかを主に分析した。

歴代米大統領のほとんどは、キリスト教プロテスタント(新教)の信者だ。キリスト教カトリッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン