/

この記事は会員限定です

未来を実装する 馬田隆明著

技術と社会 調和の姿勢を

[有料会員限定]

人工知能(AI)やロボットに代表されるテクノロジーの進化が速い。医療や食糧、エネルギーなどの難問を解決する突破口にと期待される半面、急激な社会の変化に対する人々の懸念、反発も無視できない。

テクノロジーを最大限生かすにはどうしたらいいか。スタートアップ企業の支援に携わってきた著者は、ルールづくりや利用者との対話、行政との連携といった環境整備が重要という立場をとる。テクノロジーをうまく取り入れ活用で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン