/

この記事は会員限定です

東日本大震災から10年 防災本に新機軸

持続可能な備えを考える

[有料会員限定]

東日本大震災から10年の節目を迎えた今年、防災の心得を説く本が書店に並んでいる。多様な切り口で防災意識を喚起する、新しいタイプの啓発書だ。

「ツールや技術の紹介よりも、防災に対してやる気のスイッチが入るような内容にしたかった」。3月刊行の『防災クエスト』(小学館)の著者、辻直美氏はそう話す。同書は、様々な災害の現場で被災者の救命活動に携わってきた同氏の知見をマンガを使って紹介した内容だ。

強調され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン