/

この記事は会員限定です

変異型の退院基準緩和 従来型と同じに

厚労省、病床逼迫で

[有料会員限定]

厚生労働省は変異した新型コロナウイルスに感染した入院者の退院基準について従来型の患者と同じ内容に緩和した。関連する事務連絡を8日付で改訂し、自治体に通知した。これまでのPCR検査で2回陰性を確認するなどの厳しい基準では入院が長期化しやすく、感染が急拡大する地域で病床が逼迫していた。

従来型ウイルスの基準では軽症・中等症ならば発症から10日間、人工呼吸器などを使う重症なら15日間経過した上で、症状改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン