/

この記事は会員限定です

首相公邸「主」不在の8年

過去に角栄氏らの事例

[有料会員限定]

就任から半年が過ぎた菅義偉首相は首相官邸に隣接する公邸に一度も泊まっていない。東京・赤坂の衆院議員宿舎での暮らしを続け、公邸に主が住まない状況は安倍晋三前政権時代から8年以上となる。野党は危機管理上の懸念を指摘するものの、体調管理の面で住み慣れた家で過ごす利点があるとの主張もある。

「一分一秒でも早く官邸に入るため万全を期すのが責任ある態度ではないか」。2月の衆院予算委員会で、立憲民主党の野田佳彦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1244文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン