/

この記事は会員限定です

東芝の企業価値、評価に幅 カギ握るキオクシア

1.2~2.6兆円、CVCの買収交渉左右

[有料会員限定]

東芝が英投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案の検討を始めた。CVCは目安として6日終値(3830円)より約3割高い1株5000円での買収案を提示したもようだ。東芝の株式価値を2兆3000億円程度と評価していることになるが、評価は4割の株を持つ半導体メモリー大手、キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)の価値の見方に左右される。(関連記事を企業1面

東芝は8日ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン