/

この記事は会員限定です

大統領選「ポスト文」混沌

韓国与党、対保守で攻防

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】7日のソウル、釜山両市長選で保守系野党が圧勝し、韓国政治の焦点は次期大統領選に向けた候補者選びへと移った。政権与党内では「保守に勝てる候補」を巡る攻防が激しくなり、野党は文在寅(ムン・ジェイン)政権と対立した尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長の擁立を探る。

革新系与党「共に民主党」の執行部は8日、敗北の責任をとって総辞職した。

選対委員長を務めた李洛淵(イ・ナギョン)前代表はフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン