/

この記事は会員限定です

業務用米、外食低迷で打撃 3県の主要銘柄、大幅下落

新たな販路を模索 飼料用に転換加速

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が外食向けなどの業務用米市場を揺らしている。特に影響が大きいのが業務用の出荷割合が高い北関東3県のコメ産地だ。3県主要米の卸値は前年より1割前後の大幅下落で全国平均を上回る。3県のJAグループはコメ価格の低迷に危機感を募らせており、2021年産米の作付け抑制や新たな販路づくりを急ぐ。

「(県産農作物の中で)コロナの影響が最も大きいのはコメだ」。JA群馬中央会の唐沢透会長は3月末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン