/

この記事は会員限定です

生活保護申請、1月2万件超 緊急事態宣言影響か

[有料会員限定]

厚生労働省は8日までに、1月の生活保護申請は2万61件で、前年同月と比べて7.2%増えたと発表した。前年同月からの増加は5カ月連続。11都府県に新型コロナウイルス緊急事態宣言が再発令された影響があるとみられる。

一方、全国に初めて緊急事態宣言が出され、休業要請が相次いだ2020年4月は、申請件数が2万1486件と前年同月比で24.9%増えていた。伸び率が20年4月より低い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン