/

この記事は会員限定です

〈アンカー〉勢い増す強権体制 人権の価値再確認

[有料会員限定]

国民の自由を抑圧する強権的な政治支配は、憎しみを生み、長続きしない。奴隷労働よりも市場経済の方が生産性が高く、結果として多くの人に豊かさをもたらす。戦争や虐殺といった惨禍を経て、民主政治こそが最良の体制という結論に、人類はたどり着いたはずだった。

ところが、米国と中国の覇権争いは、この概念を揺さぶりつつある。3月の米中高官協議で、人権抑圧を批判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン