/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言1年 模索の首都圏企業(下) 製造業、新分野に技応用

新常態、開発のヒントに/現場の感染予防も工夫

[有料会員限定]

中小の製造業が集積する埼玉県川口市。住宅街の一角にある鋳物メーカー、シグマ製作所の事務所の壁には、毎月の売上高を示した手書きのグラフが貼ってある。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令された2020年4月以降、売上高は急降下をたどり、8月には前年比5割減だった。

「昨年4~6月ごろから仕事が激減した。倒産が現実味を帯びていた」。大庭将史社長の娘で、社長補佐として経営を支える沢畠貴子氏は振り返る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン