/

この記事は会員限定です

教員不足 初の全国調査

文科省、公立小中高5月に

[有料会員限定]

文部科学省は7日までに、公立小中高校と特別支援学校での教員不足の実態を把握するため、初の全国調査を5月に実施すると明らかにした。2025年度までに公立小の全学年で「35人学級」が実現することも踏まえ、不足しがちな教員を計画的に確保する施策に反映させる。調査結果がまとまり次第、公表する。

文科省によると、特に年度初めは内定者の辞退や精神疾患による病欠、育休や産休などの理由で教員が不足するケースが少な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン