/

この記事は会員限定です

成長率、米中が突出

財政出動・ワクチンで上方修正 新興国でインフレ懸念

[有料会員限定]

国際通貨基金(IMF)は6日改定した世界経済見通しで、2021年の成長率見通しを6.0%に引き上げた。21年の成長率は米国を6.4%、中国を8.4%にそれぞれ上方修正。背景には大規模な景気刺激策があるが、急な需要回復は新興国のインフレを招く可能性もあり、政府や中央銀行のかじ取りは難しさを増す。(1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン