/

この記事は会員限定です

出社か在宅か、米企業が模索

コロナ後視野、併用や選択型

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米企業が「コロナ後」をにらみ新たな働き方を探り始めた。マイクロソフトは出社と在宅を併用するハイブリッド方式を採用する一方、ツイッターは社員が望めば恒久的に在宅勤務を認める方針だ。新型コロナウイルスは、働き方や社員の意識をがらりと変えた。職場に人が集まる価値はあるのか。企業は解を模索している。

マイクロソフトは3月29日からシアトル近郊の本社を再開し、一部従業員の出社を認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン