/

この記事は会員限定です

ゼロからの財務(1)コロナ禍の決算どう読む

コスト削減「減収でも増益」、資産売却も戦略映す

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから約1年が過ぎた。コロナ影響は当初より和らぎ、企業業績には底入れの兆しが出ているが、なお厳しい業種もある。業績動向を分ける要因は何か。コロナ禍の企業決算を通じて、新社会人を中心としたビジネスパーソンに欠かせない決算書の読み方を解説する。

決算書には主に損益計算書(PL)や貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CF)の3つがある。今回は事業活動で得た売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン