/

この記事は会員限定です

「大きすぎる政府」の危うさ

上級論説委員 小竹洋之

[有料会員限定]

万人の要求を満たす真の共産主義は、ソ連にもまだ存在しない。その費用を賄えるのは米国だけだ――。ソ連の指導者スターリンはかつて冗談交じりに語ったという。

米ジャーナリストのアーサー・クロックが半世紀前のコラムに記した逸話である。スターリンが存命なら、いまの米国が繰り出す巨額の財政出動をどう評しただろう。

バイデン米大統領が打ち出した1.9兆ドルの経済対策と2.3兆ドルの成長戦略は「バイデン砲」と呼ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン