/

この記事は会員限定です

夜間頻尿 睡眠不足や転倒リスク

原因特定、「排尿日誌」が有効

[有料会員限定]

夜中に何度もトイレに起きてしまう夜間頻尿。高齢になると症状が出やすいが、「年だからしょうがない」と放置すると、眠気に悩まされて生活の質が低下するだけでなく、廊下などで転倒するリスクも高まる。「排尿日誌」で日々の記録を管理し、症状の原因を探ることが対策の第一歩となる。

「毎晩、4回はトイレで起きていた」。仙台市在住の70代男性は約3年前からトイレの回数が増え始め、午後11時ごろ就寝し、2時間ごとにト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン